中学生の防犯対策に活用できる見守りサービス

子育てをしている家庭では、親はいつどんな時も子供のことを心配するものです。学校帰りや塾、習い事に通う道など、無事に帰宅できるかどうか不安に感じる方も多いでしょう。とりわけ中学生になると、部活動に取り組んだり塾などに通って帰りの時間が遅くなることが多くなります。そんな時、心配するあまりにいちいち「今どこにいるの」と連絡してしまうと、親子の関係に影響が出てしまう可能性もあります。
中学校に通う年代の子供は、思春期に入って尚さら多感な年頃になっていますので、親子関係を良好に保ちながらコミュニケーションをとる方が難しくなりがちです。しかし、最近では常日頃から防犯対策として子供を見守るサービスが登場して話題を集めています。今回は効果的な子供の防犯対策についてご紹介します。

子供の見守りツールは適度に距離を保てる点が魅力

思春期を迎える中学生は、親離れをしたい気持ちがあるものの、精神面でも経済面でも未熟な段階にあります。口では「親がうるさい」と言いつつ、心のどこかで見ていてもらいたい気持ちが残っている複雑な年頃でしょう。そのため、親が我が子を心配しすぎていちいち口を出してしまうと、干渉し過ぎて親子の関係がギクシャクしてしまう可能性が考えられます。
そんな場合に、自立をサポートしてそっと見守れるツールとして、ICカードを利用した見守りサービスが注目されています。このサービスは、中学校に通う子供がICカードで駅に設置された自動改札を通過した際、登録している保護者宛てに「利用駅」や「通過時刻」、「チャージ残額」を知らせてくれます。コミュニケーションの仕方が難しくなりがちな思春期の子供を持つ親に適したサービスで、親の不安な気持ちを軽くしてくれます。

初期費用もかからず手軽に利用できる見守りサービスなら安心

対象となる駅を子供が通過したことを知らせてくれる防犯サービスは、子供がいる場所の目安が分かるだけでなく、残額の確認や迎えに行く予定を立てやすくなるというメリットもあります。駅の改札を通過したことの知らせは、メールを利用する方法の他に無料アプリを使った方法が準備されており、ニーズにあわせて選択できるようになっています。
中学生はもちろん、小学生や高校生も利用が可能です。導入するために初期費用は必要ありませんし、月額も手頃な価格で利用可能です。友人との時間や自分の時間を大事にする時期になると、子供は「親に連絡をしなくては」ということがストレスになる場合もあります。その点、見守りサービスなら子供にとって自分の居場所を親に特定されるといった束縛感がないので、親は子供と適切な距離を保ちながら見守ることができます。

当社のサービスは今後はさらに、首都圏へ順次拡大を増やしていっております。 お子さま1人、通知先1箇所で月額制となっており、比較的安価なサービスとなっております。 通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 JR東日本アプリでの通知を選ぶことも可能で、アプリでは履歴の管理もできるため便利な仕様となっています。 中学生の通学の防犯対策に役立つ商品はまもレールへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加