中学生の防犯に役立つ、通知サービス

中学生の子供が電車通学をしていたり、電車で遠出する時に心配という方は、子供見守りサービスを利用してみてはいかがでしょうか。子供見守りサービスでは、子供が電車に乗る為に改札を通るたびにあらかじめ登録しておいた連絡先にメールが来るサービスで、連絡を受け取るアドレスは複数登録することも可能です。 子供が成長するにつれて行動範囲が広くなるため防犯上心配しているという保護者は多く、そうした保護者の間で子供が改札を通るたびに通知を受け取ることが可能なサービスの人気が高まっています。インターネット上から利用登録することで、約1週間程度でサービスの利用が解されます。月々の利用料金はサービスによって異なりますが子供一人につき計算され、連絡先を増やすごとに加算されていきます。

思春期の中高生との程よい距離感が保てます

子供見守りサービスは、思春期の中学生の子供のプライバシーを尊重し、監視しすぎないシステムが好評です。最寄り駅についたときや目的地に着くたびにメールや電話をもらわなくても改札を通過するだけで保護者に通知が来るシステムになっていますので、毎回メールや電話をお互いにする必要がないのが特徴です。 中高生になると行動範囲がひろくなるため、電車で遠方に出かける機会が増える傾向にありますが、保護者にあまり口うるさく言われるのが敬遠されがちな中高生にも、まもレールのサービスを利用していれば移動中の大まかな経路が把握できますので、防犯上役立ちますし、あまりうるさいことを言わなくても子供の所在がわかります。最寄り駅についたときにも通知がきますので帰宅時間の把握にも役立ちます。

改札を通過するたびに通知される機能

中学生になると電車に乗ることが増える方が多く、通学だけでなく通塾や友人同士でのレジャーなどで帰りが遅くなることもしばしばです。そうした時に、あまり頻繁に連絡を求めるのも思春期という時期を考えると難しい傾向にありますが、子供見守りサービスなら、改札を通るだけで保護者は指定したメールアドレスに連絡がもらえますので、帰宅が遅いと心配することも減りますし、子供がどこにいるのかを把握しやすくなります。 子供の立場からもいつでも監視されている感覚がないため、改札を通るときにのみ保護者に通知されるサービスは好評です。保護者と適度な距離感を取りながら、信頼関係を気づくことが出来ますし、塾や学校に行くために改札を通るときに自動で連絡が来ますので自分で連絡する手間が省けます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加