簡単な申し込みで始められる、中学生の防犯

一般的には中学生ともなれば充分に一人で行動ができ、部活や塾などで行動範囲も広がるため、自宅から少し距離のある場所への電車での移動も問題なくできる子がほとんどですが、それが我が子となるとやはり不安に感じてしまう方が多いでしょう。だからと言って思春期で複雑なこの時期ですから、あまり頻繁に家族に連絡を取ることを強制したり、事細かに行動を聞き出すようなことをすると、却って親子の気持ちのすれ違いを招く結果にもなりかねません。 信頼関係を保ちながら子供を見守るために必要なのは、子供と両親の適切な距離です。干渉しすぎずにお互いが安心できる方法で見守ることが大切です。携帯電話やスマートフォンを持つことが当たり前になった現在だからこそできる、鉄道会社が提供する子供の見守りサービスがあります。

大人へと成長していく我が子を上手に見守るには

小学校を卒業するまでは自宅から学校までの距離も近く、習い事も歩いて行ける範囲内であったり、少し距離のある所なら大人と一緒に行動していた子供たちですが、中学生になるとその行動範囲は大幅に広くなります。遅い時間まで部活の練習があったり、携帯電話やスマートフォンを持つ子が増えて交友関係が広がったり、電車に乗って遠くの塾まで通ったりと両親と一緒に過ごす時間もだんだんと短くなります。 小学生の時とは違う著しい成長が嬉しくもありますが、学校や塾へ送り出す時に心配や不安を感じてしまうというのも親心ではないでしょうか。子供の「信頼してほしい」「干渉されたくない」という自立心と、親の「信頼しているけれど心配」という気持ちの両方を大切にしながら、子供の成長を見守っていける環境が理想的です。

簡単な申し込みでできる、鉄道会社の防犯サービス

子供が親から離れて自立していこうとする大切な時期、適切な距離を保って見守ってあげる必要があるとわかってはいても、子供のことが何もわからない状況だと不安や心配が膨らんで、ついあれこれ問い詰めてしまうことになるかもしれません。子供を大切に思うからこそなのですが、成長しようとしている子供からすると「信頼されていない」と自信をなくしたり、行動を逐一報告しなければならないことにストレスを感じてしまうこともあります。このような場合に便利なのがICカードを利用した鉄道会社の防犯サービスです。 インターネットから申し込みをしておくと、子供が改札を通過した時に親にメールが届くというものです。子供自身がその都度連絡をする必要がなく、改札を通過したという情報だけを知らせるので子供にストレスを与えず、帰りの時間の目安を知ることができるため親側も連絡がないことで不安になることがありません。子供を心配するあまり一対一だと干渉しすぎてしまいそうな時、このようなサービスの手を借りて親子の信頼関係を築くことも効果的でしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加